『語りの地平 創刊号 VOL.1』(2016.12.10)

【目次】
●創刊のことば
●論文

「基地の街」の保育所前史
――本土復帰前の沖縄・コザにおける託児施設(岩崎美智子)

羨望・自律・自尊心
――宮沢賢治と2人の媒介者をめぐって(筒井久美子)

ニューカマーの子どもの抱える問題
――就学中の危機とその克服(原田かおり)

不登校を経た高校中退者の認識世界に関する一考察
――災害ボランティアへの「参加」の語りから(林哲也・橋本佐由理)

ライフストーリー研究者という名のプロットメイカー
――発達障害者が必要とする「新たな<物語>の生成」(田野綾人)

ある女性の戦中・戦後を個人的記録から読み解く
――中流階層女性のジェンダー観の一事例(桜井厚)

●研究ノート

貝沢正による「アイヌ」の再定義
――戦後の初期アイヌ施策との応答から(新井かおり)

フィールド調査に潜む落とし穴
――20年前に行った聞き取りを振り返る(田中政明)

境界線上への入植
――北海道紋別市Sさんの戦後開拓体験(土田拓)

●書評論文

オスカー・ルイスの記述と語り
――『メキシコの<五つの家族>』から『サンチェスの子供たち』へ(山本哲司)



<ご購入について>

●研究会誌にご関心の方は、当研究所の問い合わせ先(info@lifestory.or.jp)、または、発売元のせりか書房(03-5940-4700)までお問い合わせください。
●ご購入をご希望の場合、定価1200円+税ですが、研究所に直接ご連絡いただければ送料込1,200円でお送りいたします。受取後、同封の振替用紙でお振り込み下さい。