●経験的語りの調査研究および収集・保存をする機関です

研究所紀要 『語りの地平』

『語りの地平:ライフストーリー研究』

日本ライフストーリー研究所では、ライフストーリー、ライフヒストリー、オーラルヒストリー調査・研究の成果報告の場として、研究所紀要を発行しています。
これらの研究に関心をお持ちの方々の意見交換の交流として、調査・研究方法の切磋琢磨の機会を提供していきたいと考えています。
学術的な論文や研究ノート(査読有)のほか、文献の紹介やフィールドワークの報告、資料紹介などを掲載し、気軽に投稿できる機関誌を目指しています。
知的な交流の場のひとつとなれば幸いです。

ご購入につきましては、宛先を明記の上研究所(info@lifestory.or.jp)まで、お申し込み下さい(詳しくは、本頁の最後をご覧下さい)

 

『語りの地平 VOL.3』(2018.11.10)

<目次>
●論文
地域日本語教育支援のあり方を規定する動きに抗う
――ある日本語ボランティアへのライフストーリー・インタビューから―― (中川康弘)

無侵襲的出生前遺伝学検査(NITP: Non-invasive prenatal testing)を受けた妊婦の経験
――関わりの中でのNIPT経験―― (山本佳世乃)

ある女性の移住経験にみる戦後開拓の個別性
――「1960年作業簿」と聞き書きから―― (土田拓)

台湾原住民の日本語世代のライフストーリー
――「インタビューの場」と語りの変容―― (荻原まき)

在日コリアン高齢者介護施設の多義的意味
――中京地区を事例として―― (伊藤尚子)

●研究ノート
「個別性」へのまなざしの意味
――桜井厚のライフストーリー論をめぐる議論を手がかりとして―― (近藤菜月)
「兼職の語り」と寺院護持の課題――生活文化としての寺院仏教(1)―― (山本哲司)
「声」と「言葉」のはざま――ライフストーリーの記述をめぐって―― (岸 衞)

●特集:調査経験から「調査倫理」を考える
――看護研究における「倫理審査」と「匿名・許諾」の問題に直面しながら (塚田 守)
声と言語、録音と人生 (佐野直子)
私自身が聞き手でないライフストーリーの対話的な解釈へ
――アーカイブ作成の一歩手前で思うこと (佐藤正則)
調査倫理を得て経験した語りの重み (江口千代)
研究者としての「仁義」 (仲真人)

●書評
『自己語りの社会学:ライフストーリー・問題経験・当事者研究』
:小林多寿子・浅野智彦編、新曜社、二〇一八年 (倉石一郎)
『老年という海をゆく―看取り医の回想とこれから』:大井玄著 (八木澤良子)

●研究手帖
日本での「ライフヒストリー」用語使用の始まりの頃とその後の定着について
――中野卓調査資料整理作業より――(中西茂行)

『語りの地平 VOL.2』(2017.11.10)

<目次>
●論文
生きるためのユーモア(西倉実季)
ある「語り部」が生きた革命(宮地弘子)
「海外駐在員配偶者女性」カテゴリーと自己(三浦優子)

●研究ノート
ライフストーリー研究方法論に関する一考察(江口千代)
アイヌ近現代史の諸断層(新井かおり)
「お金」と生きる(馬場彩香)

●資料
学界の先達からの書簡(森岡清美)

●特集 「調査協力者との出会いの経験」
桝潟俊子/萩原まき/斎藤公子/山本哲司/
矢吹康夫/岸衛/山田富秋

●研究手帖
「対話的構築主義」のエッセンス(桜井厚)

創刊号(VOL.1/2016.12.10)案内

<目次>
●創刊のことば

●論文
「基地の街」の保育所前史――本土復帰前の沖縄・コザにおける託児施設(岩崎美智子)
羨望・自律・自尊心――宮沢賢治と2人の媒介者をめぐって(筒井久美子)
ニューカマーの子どもの抱える問題――就学中の危機とその克服(原田かおり)
不登校を経た高校中退者の認識世界に関する一考察
――災害ボランティアへの「参加」の語りから(林哲也・橋本佐由理)
ライフストーリー研究者という名のプロットメイカー
――発達障害者が必要とする「新たな<物語>の生成」(田野綾人)
ある女性の戦中・戦後を個人的記録から読み解く
――中流階層女性のジェンダー観の一事例(桜井厚)

●研究ノート
貝沢正による「アイヌ」の再定義――戦後の初期アイヌ施策との応答から(新井かおり)
フィールド調査に潜む落とし穴――20年前に行った聞き取りを振り返る(田中政明)
境界線上への入植――北海道紋別市Sさんの戦後開拓体験(土田拓)

●書評論文
オスカー・ルイスの記述と語り
――『メキシコの<五つの家族>』から『サンチェスの子供たち』へ(山本哲司)

<ご購入について>

●紀要雑誌にご関心の方は、当研究所の問い合わせ先(info@lifestory.or.jp)、または、発売元のせりか書房(03-5940-4700)までお問い合わせください。
●ご購入をご希望の場合、定価1200円+税ですが、研究所に直接ご連絡いただければ送料込1,200円でお送りいたします。受取後、同封の振替用紙でお振り込み下さい。

<投稿規定><執筆要領>のページへ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.